やそのブログ

小さい頃から歴史が好き。大学4年生の時、伊藤肇氏の著作から安岡正篤先生のことを知って衝撃を受け、東洋思想や名言・箴言などにハマりました。環境に関わる仕事に就いております。こちらでは、とある日報も。

タネが危ない

f:id:kkbu718:20180813192830j:image

野口勲 「タネが危ない」

 

 

最近読んだ本、24冊目。

 

 

昨年友人に紹介され、積ん読状態になってしまっていたが、ようやく読むことができました。


日本そして世界における、恐ろしい現実のうちの1つを覗いてしまった…


一代限りしか育たない野菜・遺伝子組み換えの野菜だけを食べて、虫・動物・人間に影響がないのだろうか?


先日、「日本人の精子が減少している」というテーマのNHKの特集がありましたが、この本の内容はその原因の1つに結びつくかもしれない。


その友人にこちらの本を紹介された際、こちらの「野口種苗研究所」さんに足を運んでみようという話になりましたが、本当に行ってみようかと思った次第。


こちらの本は、誰もが読んでみた方が良いと思われます。

 

 

82ページ

今までは何も考えないで食べていたけれど、これはスカスカして味がないね。昔のキュウリはやはりうまいね。たしかに昔はこういうのを食べていたのを思い出したよ。


96ページ

俺は自分で作った野菜を食べたことがない。うちのばあちゃんなら知ってるかも。


同96ページ

耐病性が強くなっただけだから、うまい新しい野菜なんかあるわけがない。


203ページ

もしハチが地球上からいなくなると、人間は四年以上生きられない。ハチがいなくなると、受粉ができなくなり、そして植物がいなくなり、そして人間がいなくなる。


#読書 #野口勲 #日本経済新聞出版社 #タネが危ない #野口種苗研究所