やそのブログ

早稲田大学を卒業し、会社員として過ごしていたものの、そのままの人生で良いのかどうかと悩み、今は人生の方向転換にチャレンジ中。

最低限からの応用

学生や趣味や仕事等の生活をやっていると、「一応はできること」が増えていくもので、あげていくと意外と結構な数になったりする。


これらは、必ずしも望んで習得したものとは限らず、「必要に駆られてやむを得ず」といったケースも多いのではないか。


自分の意思にせよ反強制にせよ、そこからハマってどんどん上達することもあるが、「最低限の機能は使えるけど…」と自信が持てないことがほとんどかも。


ただ、「やったことがない」「全くできない」「それは苦手」という人から見たら、モノによっては「ある程度」でも「凄い」に感じられることもある。


また、それなりであっても、そこからの使い方や応用や発想次第で物凄い効果を発揮する可能性が潜んでいる。


車の運転なんかは、好きな人や得意な人はやれることがどんどん広がっていく訳だが、上手くはなくても安全運転できれば買い物や遠出もできるので、可能であれば利用していきたいものと言えるかと。


Excelとかも、複雑な計算式やルール等わからなくても、やり方次第で計算や家計簿や在庫管理等もできるので、「あっ、これってExcelでできるかも?」に当て嵌めてみると、思った以上に応用できたりするもの。


こういうのって、形というかシステムを構築するまでは大変だし、それこそ高い技術や創造力が必要になることがほとんどだけど、工夫次第では素人でもちょっとした仕組みは作れるし、その後は誰でも利用できるようにできれば、本人からしたら大したことはやっていない気分かもしれないけど、何気に大手柄だったりするかも。


もう少し贅沢を言うなら、クライアント(仮)からの要望に答えられるよう、修正も容易になっていれば尚良し。


余談、SNOWって写真アプリ(?)、かなり加工できるらしいですね。


さながら魔法使い、騙されないように気をつけないと…(笑)


劣等、葛藤、ぜんぶ他人事 ♪ (私立恵比寿中学 「愛のレンタル」)