やそのブログ

早稲田大学を卒業し、会社員として過ごしながら、人生の方向転換にもチャレンジ中。 モットーは、「楽しい」「面白い」。 2,000万円問題に備えてS&P500インデックスもしています。

Xiaomi Redmi 9Tの使用感

先日で紹介したスマホ、Xiaomi Redmi 9T、かなり良い感じ。


今までちょこちょこAndroidスマホタブレットを使っていて、使い勝手や操作性はiPhoneiPadiOSが断然上だったんだけど、ミドルクラス以上のAndroidというのはサクサク動くのでそこまで不自由ないんですねぇ。


これで10万円くらいのハイエンドモデルだと、どうなってしまうのか…(笑)


個人的な好みの問題でもあるけど、本体がかなりの大きさなので、嵩張ったり重かったりするものの、大画面で見易いし男性の手におさまりが良いので、この辺りも気に入っています。


また、僕の場合はmicro sd 256GBというなかなかの物を入れているので(笑)、本体容量の128GBと合わせるとかなり強力です。


ていうか、iOSの拡張性の低さは何なんだ…


あとは、アプリか。


iOSには優良なアプリが多く、僕はそういった有料なアプリを購入したりしているので(駄洒落ではない)、Androidのアプリは惜しいなぁと思うところがあります。


また、文字入力もiOSの方が打ち易いため、このように長文を書く際はiOSですねぇ。


ただ、先日も触れたけど、バッテリー容量が6,000mAhと凄まじいので、このメリットははかりしれません。


いきなりiPhoneからAndroidスマホに切り替えだと戸惑うことが多いかもしれませんが、僕みたいに二刀流にしたり、徐々にシフトしていくようにすれば、意外とすんなりいくかも。


Xiaomiのスマホコスパが良いだけでなく、中には1億画素という訳わからん高性能カメラが付いているのもあるらしいのですね(笑)。


噂によると、近いうちにXiaomiから新しいタブレットが出るらしいので、かなり気になってます。


ちなみに、Xiaomi Redmi 9T、64GBと128GBのモデルがあるため、購入する場合は容量と金額にご注意を。


あ、ベテランのAndroid使いの方々、もしAndroidでオススメのアプリがありましたら教えていただけますでしょうか(有料でも構いません)。