やそのブログ

早稲田大学を卒業し、会社員として過ごしながら、人生の方向転換にもチャレンジ中。 モットーは、「楽しい」「面白い」。 2,000万円問題に備えてS&P500インデックスもしています。

等身大

「等身大」って、結構大事だと思う。

 


芸能人や俳優やお笑い芸人やスポーツ選手などは、その美貌や演技力や笑いのセンスやプレーなどにおいて、一般人から見て超人的なパフォーマンスを発揮し、雲の上の存在となる訳だが、そこに庶民的な面を見せると、「親しみ」という要素も加わり、さらに好感度がアップしたりする。


成功者の話なんかでも、失敗談や苦労したエピソードなどがあると、自分事として身近に感じられるなど、良い面があると言える。


もちろん、そういった隙を見せずにカリスマとして君臨するのも男脳的には物凄くカッコ良く見えるんだけど、別世界の様に感じられて、現実味が薄れてしまうというデメリットもある。


僕の文章にちょこちょこ登場しているKJさん、実はとんでもない方なんだけど、偉ぶることなく気の良い兄ちゃんみたいに感じさせているのは、むしろ人間的魅力を増している面があるんじゃないかなと。

 


余談ですが、僕の日々の投稿は、読み易さを意識しながら、紛れもない一般庶民として、日常や変わった体験や思ったことや内輪ネタなどを発信している訳だが、その内容の「等身大」感によって、チラホラ読んでいる人がいるのではないかと思ったりもする。


もしもの話だけど、この先、僕が世の中に何かしらを仕掛けることができれば、これらの投稿は、「どこにでもいる様なちょっと変わっている奴でも、世の中に影響を与えることができる可能性がある」という証拠になるかもしれない。


その場合、関わっていただいた方々は、「儂が育てた」と自慢して下さい(笑)。

 


話が逸れたついでに、「等身大」といえば、


「等身大の愛を誓ってみて 怖くないよ かけがえのない人だよ ♩」


ということで、私立恵比寿中学の「感情電車」、素敵な曲なので、よろしければ聴いてみていただければと思います(笑)。