やそのブログ

早稲田大学を卒業し、会社員として過ごしながら、人生の方向転換にもチャレンジ中。 モットーは、「楽しい」「面白い」。 2,000万円問題に備えてS&P500インデックスもしています。

かけ合い

どうでも良い個人的な話。


昔から歴史や古典関連書籍を読んでいて、ここ数年はビジネス書なども読んだりしているけど、キチンとした小説はあまり読まない。


ただ、ライトノベルは一時期ハマっていたし、漫画は未だによく読む。


基本的には、笑える作品が好み。


その中でも、キャラ同士のかけ合いが好きだったりする。


ボケとツッコミが基本だけど、第三者がかき回す・ツッコミ不在などパターンも色々、会話のセンスや謎のボキャブラリーなどもポイントで、「1人の作者が(編集者がいたり複数の人がいたりもあるだろうけど)別々の人間の思考や行動や会話を生み出すとか、作者の頭の中はどうなってんだ?」と、ちょっと覗いてみたくなることもある(笑)。


ちなみに、その本場であるお笑いや漫才などは全然観ないのでそっちの方が面白いと言われそうなんだけど、作者の方々もそういったものを参考にしていたりするだろうから、ある意味ではそれらも楽しんでいると言える。


また、映画やドラマやアニメにもそういったかけ合いは多々あるんだろうけど、今ではほとんど観なくなったから、こちらも不案内。


テレビの無い生活というのは(モニターはある)、刺激が少ないという見方はあるだろうけど、かなり快適なものでっせ。


話を戻すけど、かけ合いというのは面白いもので、会話やLINEなどにおいても、こちらからツッコミ待ちのボケを入れることもあれば、自分では気づかずに天然でボケてしまって思わぬ鋭いツッコミをもらうこともあり、やっぱりリアルでのやり取りというのは、尽きぬ楽しさがあるもの。


自分の場合、発信をする際に思いついた小ネタを入れたりするんだけど、自分でノリツッコミを入れたり、ボケたまま滑りっ放しだったりする訳だが、たまにはキレの良いツッコミが欲しくなることもあるのよね…(笑)